カジノ王、スタンレー・ホー

カジノ王、スタンレー・ホーについて

香港・マカオの実業家、資産家。香港の有力な一族に生まれたが幼少時に父が破産・蒸発し極貧生活を送る。苦学の末マカオで事業家として成功。ホー氏は1960年代から40年間にわたってマカオのカジノ経営権を独占し、規制緩和で独占権を失った後も営業許可証の半分を握り続けています。中国経済の高度成長とともにマカオを訪れる中国人観光客が急増し、ホー氏の富は一気に膨れ上がりました。89歳のホー氏には4人の妻と17人の子供がおり、香港では格好のゴシップとして報じられています。

米経済誌『フォーブス』2006年億万長者ランキング84位。「ギャンブルの帝王」「カジノ王」と呼ばれることもあるスタンレー・ホー氏の資産総額の収入はマカオのGDPのおよそ3分の1を構成するとされています。

マカオのカジノ王、スタンレー・ホーの息子であるローレンス・ホーが、日本でのカジノ投資を検討しているそうです。